成長を続けるヤマト健康センターの成功ストーリー

遊びを通して、子どもたちはルールやスケジュールの概念に習熟し、日常生活の原則を理解するのに役立ちます。 その下では、ままごとが子供たちがルールやスケジュールを理解するのを助ける方法を徹底的に理解しています。

ごっこ遊びとルール: 若者たちはままごとでさまざまな役を演じます。 ふりをすることで、仕事に関連した原則や行動方法を理解する機会が得られます。 たとえば、専門家の遊びの中で、若者は、ラウンジエリアでのチャンスを保つことや患者の保護を守ることなどのルールをリハーサルすることで ままごとのおすすめ、自分の仕事に関連する際限なく制御することの重要性に習熟することができます。

通信とルール: ままごとでは、若者はさまざまな子供や大人と話します。 文通を通じて、研究生は他者を尊重し、ガイドラインを遵守することの重要性を理解します。 たとえば、カフェのおままごとでは、後輩はリクエストに応じる際に礼儀正しい言葉遣いと習慣を活用することが期待されます。

スケジュールの再現: ままごとでは、子供たちは日常生活の状況を再現します。 たとえば、家族でままごとをしている間、子供たちは朝食の計画を立てたり、掃除をしたりするなど、日々のスケジュールを経験します。 このようにいじってみると、日常生活のスケジュールと方法論を理解し、それを定期的な出来事として設定することができます。

ルールの背後にある説明を理解する: いじることは、ルールが存在する理由を理解するのに役立ちます。 子どもたちは、想定される部分や状況を考慮してガイドラインを遵守する必要がありますが、その目的を熟考することで、基準の重要性と実現可能性を理解することができます。

自己ガイドラインの推進: プレイ ハウスでは、若者が役を引き受けながら自ら指示することを期待しています。 自分の行動や言葉をコントロールし、ガイドラインを守ることで、自己ガイドライン能力を育みます。